関西みらい銀行 Recruiting Special Contents 関西みらい銀行 Recruiting Special Contents

「前例のないことに取り組み、銀行を変革していきたい。」そんな挑戦心をもった社員たちが自らの想いを社長にぶつけていく。これまでになかったアイデアで、銀行の未来を語り合う姿がここにはあります。

SCROLL

「前例のないことに取り組み、銀行を変革していきたい。」そんな挑戦心をもった社員たちが自らの想いを社長にぶつけていく。これまでになかったアイデアで、銀行の未来を語り合う姿がここにはあります。

Talk Member

菅 哲哉

皆の意見、どんどん聞かせてください。

菅 哲哉
代表取締役社長
菅 哲哉 TETSUYA KAN
森本 翔太

地銀業界って、やっぱり厳しいですか?

森本 翔太
営業統括部
森本 翔太 SHOTA MORIMOTO
2008年入社
OPEN

地銀業界は先行きが厳しいと報道等で言われていますが、社長はどのようにお考えですか?

地銀だけが厳しいように言われているけど、要因とされている人口減少などの環境変化はどの業界にとっても影響が大きそうだね。

そうかもしれません。一方で人口減少によって私たちのお客さまの数も減ってしまうのではないか、という危機感はあります。

危機感を持つことは大切なことだね。ただ、冷静になって周りを見てみると、その厳しいと言われている金融業界に他産業から参入するケースが増えてきている。

確かにそうですね。IT企業や大手流通グループなど、さまざまな企業が銀行業務を行うようになりました。

これはどういうことかというと、我々にとってのレッドオーシャン(競争の激しい既存市場)が、外からはブルーオーシャン(競争のない未開拓市場)に見えているということなんだ。

つまり、私たちが見方を変えれば、新しい何かが見えてくるということですか?

その通り。見方を変えれば、できることはまだまだたくさんある。いつまでも従来の延長線上ではだめなんだ。

私自身は、Face to Faceのコミュニケーションを通してお客さまの課題を解決すること、それこそが地銀の生きる道だと考えているのですが、社長はいかがでしょう?

今回、私たちは経営統合や合併を経て、非常にたくさんの情報やソリューションを手にした。それらをしっかりとお客さまに提供していくために、社員一人ひとりが今まで以上にアンテナを高くはってほしいな。

アンテナを高く・・。できることが増えた分、これからもたくさんのことを学んでいかないといけませんね。

その通り。これから私たちは、言うなれば高い山を登っていこうとしています。大変だ、と感じることも多々あるでしょう。でも、登り切った後の景色は、きっとこれまでに見たことのないものになると思うよ。

確かにそうですね。私自身も、これまでの常識にとらわれることなく、お客さまとのより良い未来を目指して、頑張っていきたいと思います。

地銀業界って、
やっぱり厳しいですか?

END
CLOSE
辻 優花里

チームで支え合う社風が好きです。

辻 優花里
水口支店
辻 優花里 YUKARI TSUJI
2018年入社
OPEN

社長が考える理想の社風はどのようなものですか?また、それを実現するために取り組むべきことはなんだとお考えですか?

辻さんは、当社をどんな社風だと感じている?

私はチームワークを大切にする社風だと思います。分からないことがあって困っているときには、上司や先輩方に丁寧に教えてもらったり、親身に相談に乗ってもらったりしています。支店全体で支え合って仕事をしているなと感じることが多いです。

なるほど。2019年はラグビーW杯が盛り上がりましたが、関西みらい銀行にも「ONE TEAM」の精神が根付いているんだね。私としても、チームワークを大切にする社風でありたいと考えているよ。

社長の考えるチームワークとは、どんなものですか?

私が考えるチームワークは、お互いのことを認め合いながら、一人ひとりがしっかりと能力を発揮していくことで大きな成果に繋げていくこと、かな。

一人ひとりがしっかりと役割を果たすということですか?

そう。本当の意味でチームワークを発揮するためには、まず個々が強くならないといけない。そのうえで、お互いを信頼して仕事を繋いでいくことで、大きな目標が達成できるんじゃないかな。

そうですね。私も、今はまだ周りの人たちに助けてもらうことが多いですが、もっとたくさんのことを吸収して成長できるよう、努力したいと思います。

まずは自分の仕事をしっかりとこなすことが大切。でも、それだけではなく、ぜひ支店内の他の課や本部の各部署の人たちとも積極的にコミュニケーションを取ってください。色んな人の力で仕事が成り立っていることがよく分かると思うよ。

たしかに、銀行の仕事を思い浮かべてみると、自分一人で完結できるものはないですもんね。

辻さんのような若い世代の方たちがどんどん新しいチャレンジをしてもらえるよう、失敗も寛容に受け入れ、次のステップに繋げることができる、そんな風土でもあると思う。
ぜひ、失敗を恐れず、やりたいことにはどんどんチャレンジをしてみてくださいね。

チームで支え合う社風
が好きです。

END
CLOSE
高山 和己

キャリアを積むうえで、必要なものは何ですか?

高山 和己
本町営業部
高山 和己 KAZUKI TAKAYAMA
2016年入社
OPEN

関西みらい銀行でのキャリア形成についてお聞きしたいです。社長ご自身はこれまでどのようなキャリアを積まれてきたのでしょうか。

20代前半は目の前の仕事に必死で、キャリアについてはあまり考えていなかったですね(笑)。当時は、キャリアを自分でデザインするというより、全力で仕事に向き合えば、自然と自分を磨いてくれるっていう感覚だったと思う。

そうなんですね。意外です。何か変わるきっかけはあったんでしょうか?

30歳手前で融資のトレーニー(研修生)になって、そこで久々に会った同期との差をまざまざと思い知らされたのがきっかけで、専門分野を勉強するようになったな。

やっぱり同期には負けたくないですもんね。

それと、「あの先輩みたいになりたい」がモチベーションになっていたな。当時働いていた部署にいた先輩がすごくかっこよくて、憧れの存在だったんだ。その人に少しでも近づくために努力をしたからこそ、今の自分があるのかな。

社長のキャリア形成は、人が軸なんですね。私の支店の先輩もすごい人たちばかりです。「あんな人たちみたいになりたい」と思いますが、まだまだ若手なので、まずは幅広い知識を身につけないといけないな、と思って、中小企業診断士など、資格取得にも力を入れています。

高山さんはどんなキャリアを思い描いているの?

今はまず法人営業に注力し、お客さまへのさまざまなソリューションを提案できるようになりたいです。そして、その経験を基に、同年代の中でも早く管理職となってマネジメントの経験を積み、ゆくゆくは支店長を目指したいと考えています。

頼もしいね。若いうちにたくさんの経験を積む、たくさんの知識を吸収する、これは本当に大切なこと。資格取得もその一つだね。ただ、単に資格を取得するだけではなく、いかにそれを活かすかが最も重要だよ。

今後働くうえで、心がけるべきことは何かありますか?

一見仕事に関係のなさそうなことであっても、あらゆることを吸収することで人間の幅は広がるし、見える景色も大きく変わってくる。「忙しい」を言い訳にせず、たくさんのことにチャレンジをしてほしいな。

キャリアを積むうえで、
必要なものは何ですか?

END
CLOSE
岡嵜 将志

「生涯担当」という考え方はどうですか?

岡嵜 将志
豊中支店
岡嵜 将志 MASASHI OKAZAKI
2008年入社
OPEN

私は営業担当者が10〜20年の長いスパンでお客さまを担当してみてはどうか、と考えています。「生涯担当」として、長くお客さまを担当することができれば、その企業や個人の方のライフコンサルタントとして、より想いをくみ取った提案ができると思うからです。

確かに銀行員は3~4年で異動するのが一般的だね。それを変えて長く担当する、というのは面白い考えだと思います。一方で、私は、社員の皆さんがより成長していくためにも異動があるのだと考えています。さまざまな支店や本部部署を経験することで、1つの組織にとどまっていればありえなかったであろう数多くの経験を積むことができます。そうした経験の一つ一つが、皆さんの幅を広げてくれるのだと思います。

そうですね。異動した先では、お客さまや社員との新たな出会いがあり、学びに繋がった経験は、私もたくさんあります。

また、担当者にとってだけではなく、お客さまにとっていいこともあると思いますよ。

お客さまにとって、担当者が変わるメリットですか?

そうです。お客さまにとっても、担当者が変わることで今までとは違う切り口で提案を受けることができるようになります。銀行が提案するソリューションは本当に幅広く、担当者の数だけアプローチ方法があるんですから。

たしかに。担当者のアプローチだけでなく、たとえば訪問先からテレビ電話を活用して本部の専門家も交えた商談をする、そんなこともできれば、更にお客さまの役に立つ提案ができそうですね。

岡嵜さんの言う通りだと思います。さらに言えば、お客さまと本部をつなぐだけでなく、あるお客さまの課題に対してまた別のお客さまからアドバイスをいただく、そんなスタイルも面白いですね。銀行内の縦の繋がりだけでなく、グループやお客さま先まで巻き込んだ横の繋がりまで活用した提案を期待しています。

「生涯担当」という考え方は
どうですか?

END
CLOSE
加藤 菜摘

バンクサブスクリプションって、
おもしろいと思うんです。

加藤 菜摘
九条支店
加藤 菜摘 NATSUMI KATO
2017年入社
OPEN

これまでどこの銀行も取り組んでいないようなビジネスモデルとして、サブスクリプションという考え方を導入してはどうか、と考えました。

それは具体的にどういったものですか?

たとえば、主にご高齢者のお客さまは行動範囲が狭くなってしまうので、定期的にご自宅まで伺い、入出金や振込の手続きを代行します。料金設定も、伺う頻度や対応するサービス内容に応じて段階を設ける。そんなバンクサブスクリプションサービスってどうでしょうか?

おもしろいと思います。役員が集まる会議で「10年後のビジネス」というテーマで話し合うと出てくるアイデアなので、ある意味、加藤さんは役員レベルですね。

ありがとうございます。合併して大きくなっても、お客さまにとって身近な銀行であり続けるために、Face to Faceのコミュニケーションはやっぱりこれからも大事だと思うんです。

そうですね。他にはどんなことができるだろう?

入出金や振込の手続きだけではなく、セミナーや相談会に参加できる特典をつけてもいいのかなと思っています。サービス提供の一部ということでお客さまの参加率も上がり、今までよりも多くのお客さまに資産運用やご相続について考えるきっかけを提供できるのではないかと思います。

いいですね。新しいビジネスが生まれる予感がするね。ちなみに私は、こんなことを考えてみたよ。今はインターネットで簡単に情報が手に入るけど、どれが正しいのか、わからないときってあるよね。そういった情報を、銀行が専門的な知見を用いて整理してあげるそんなサービスがあってもおもしろいんじゃないかな。

お客さまに喜んでいただけそうなサービスですね。銀行にできることはまだまだたくさんありますね。

そう。今は実現できていなくても、加藤さんのように「お客さまのために何ができるのか」の視点を持って働くことはとても大切です。特に銀行はこれまで規制に縛られすぎていました。今では少しずつ規制緩和が進んでいますが、「自分たちが銀行のカタチを変える」くらいの気持ちを持って、皆さんにもさまざまなアイデアを出してほしいな。

バンクサブスクリプションって、
おもしろいと思うんです。

END
CLOSE