スマートフォン用ページはこちら

M&A

関西みらい銀行のM&Aとは

M&Aとは、Mergers&Acquisitionsのイニシャルをとったもので、日本では一般的には「企業買収・合併」と呼ばれています。
最近では、中小企業においても経営資源(ヒト、モノ、カネ、情報)を短期間に補う一手段としてM&Aが活用されることが多くなっているとともに、円滑な事業承継や事業ポートフォリオの再構築に対する有効な手段として注目を集めています。
関西みらい銀行では、関西最大の地域金融グループとして、高度な金融ノウハウときめ細やかな総合金融の提供で、貴社のM&Aニーズに確実にお応えしていきます。

関西みらい銀行のM&Aとは

M&Aのメリット

■譲渡側のメリット

  • 取引先や従業員に迷惑がかからないようスムーズな事業承継をすることができる
  • 譲渡時点での企業評価を現金で入手することが可能
  • 不採算部門を切り離し、経営資源を戦略部門に重点投入することができる

■譲受側のメリット

  • 事業をそのまま引き継ぐことができ、新事業立ち上げに伴う時間的コストを削減することができる
  • 既に立ち上がっている事業を譲り受けることになるので、収益・リスクの予想が可能
  • 飛躍的、かつ短期的に企業の業容を拡大することができる

M&Aサービスの内容

■M&Aの基本的な流れ

M&Aの基本的な流れ

■M&Aサービスの内容

相談業務 譲渡側
  • 譲渡メリットに関するご相談
  • 企業価値評価に関する助言
  • 譲渡方法(スキーム)の立案及び助言
譲受側
  • 譲受方法(スキーム)の立案及び助言
交渉業務
  • 譲渡/譲受の条件交渉
  • スケジュールの作成及び日程管理
契約業務
  • デューデリジェンス時の専門業者の紹介、及びセッティング
  • 諸契約書等の草案の作成

合併に関するご案内

旧銀行の店舗等で商品・サービスの取扱いが異なる場合がございます。以下の識別マークをご確認のうえご利用ください。

  • 旧近畿大阪銀行
  • 旧関西アーバン銀行

詳細はこちらをご確認ください。