スマートフォン用ページはこちら

CSR私募債「MyDo(まいど)おおきに」

CSR私募債「MyDo(まいど)おおきに」

『CSR私募債「MyDo おおきに」』は、私募債を発行されるお客さまから受け取る手数料の一部を活用して、当社が図書やスポーツ用品、楽器等を購入し大阪府、滋賀県、京都府、兵庫県内の学校へ寄贈する、または環境保全や魅力的な街づくりなどを行う大阪府の基金や滋賀県の寄付制度等へ寄付を行う商品です。

CSR私募債導入による発行企業さまのメリット

  • 学校教育や環境保全などを通じた社会貢献ができます。
  • CSRに対する取組み姿勢を広くアピールできます。
  • 優良企業であることの証明、企業イメージの向上につながります。

CSR私募債の仕組み

CSR私募債の仕組み

商品概要

名称 CSR私募債 ~MyDo(まいど)おおきに~
お使いみち 運転資金または設備資金
発行金額 50百万円以上
発行期間 2年~5年(信用保証協会保証付の場合は2年~7年)
取扱総額 125億円
取扱期間 2023年3月31日引受分まで
  • 期間中に発行額が上限の125億円に達した時点で取扱いを終了します
対象のお客さま 当社の私募債適債基準を満たすお客さま
寄付・寄贈額 私募債発行金額の0.2%相当額
寄付先
寄贈先 私募債発行企業が指定する大阪府、滋賀県、兵庫県、京都府に所在する幼稚園や小中高等学校等(公立・私立の別は問いません)
寄贈品

寄贈先の教育に資する物品(図書、スポーツ用品、楽器等)

  • 私募債発行企業、寄贈先の意向を踏まえて決定します
  • 私募債発行に際しての手数料の一部(発行金額の0.2%相当額)で当社が購入します
寄付・寄贈者 株式会社関西みらい銀行
  • 私募債発行企業の寄付金控除対象等には該当しません

これまでの取組み実績(2019年度以降)

発行企業さまおよび寄贈先のご了解が得られた取組みについて掲載しています。

発行企業さまへの御礼

りそなグループの取組みの一環として、新型コロナウイルス対策関連への寄付を選択された発行企業さまへの感謝の気持ちを日本経済新聞に掲載させていただきました。

本私募債を通じた寄付金は、各自治体、医療機関におけるコロナ対策に幅広く活用されています。

【2021年5月31日 日本経済新聞朝刊掲載】

りそなグループ 新型コロナ医療応援私募債

お近くの店舗を探す

お近くの窓口でお申込み・ご相談を承っております。